久々登場

ひさびさLOOK、入院明け。

既に気持ちがラピエールなので、ほっとこうとラックにかけたが、、

いやまてよ、嫁がヨガ稽古中で不在の今日ならチャリ弄りに集中できるなと〜

 

f:id:umeyou:20161227000811j:image

ステム、クランク、Rディレーラー再び取付け。何回してんよ、、

ラピエールと同セッティングにすべくステムが120mmになりレーシーになりました!

フリーダムの選手らは130mmをセットしてるからおよびでないか、、

さて、前回はここから進まなかったが完成できるかな笑。

 

遅くなったけど、ちゃんとチャリ弄り前にローラー練しましたよ。300Wオーバー1分を3本でれすとも2分250W以上を3本。320W20分のナルの近藤君に比べたら屁にもならないが、、

なんでローラーしたか?

そこにローラーがあったからですよ。

 

本当は2017木祖村(木島平)の発表があったので気合が入りました笑。今年も参加できたらなーと、、

 

f:id:umeyou:20161227002947j:image

”超人”の異名を持つラインホルトが登頂したのはエベレストだけじゃあない。K2、ナンガ・パルバート、ヒドン・ピークなど、8000メートルを超す全14の山すべてを登頂したのだ。

 

ナンガ・パルバット」はウルドゥー語で「裸の山」の意味で周囲に高い山がない。

南側のルパール壁は標高差4,800 m(壁だけで富士山より高い!)と世界最大の標高差を誇り、また屈指の登攀難壁である(初登攀はラインホルト・メスナーとギュンター・メスナー)。西側のディアミール壁も困難な壁である。南西稜は「マゼノリッジ」と呼ばれ、13 kmの間に7,000 m峰を6つ、6,000 m峰を2つ含むヒマラヤでも最大級の稜線となっている。

 

「K2」

世界第2位8861m。中国側(北側)からアプローチするのは困難なため、ほとんどの登山者はパキスタン側からアプローチをする。登頂の難しさでは世界最高峰のエベレスト(標高8848m)よりも上で、世界一登ることが難しい山とも言われる。その理由として、人が住む集落から離れていることによるアプローチの困難さ、エベレストよりも厳しい気候条件、急峻な山容による雪崩、滑落の危険性などが挙げられる。冬季における登頂が未だ達成されていない唯一の8000m峰となっている。

 
世界で最も高い山、エベレストの登頂がどれだけ難しいかは、有名な登山者が大けがをし、あるいは命を落とし、何度も、何人もそれを断念している近況を聞けば、いやというほどわかるはずだ。

だが、その頂に酸素ボンベも無線もなし、いたって軽装で挑んだ男がいる。ラインホルト・メスナーその人である。

 

f:id:umeyou:20161227004405j:image

 

もっと彼を知りたい、、

 

取り敢えず山好きの同僚に、ただの登山は卒業して冬山の登攀を勧めました笑。