あしたのために

昨日の自分の走りにあまりに落胆したのか、満身創痍の身だがしっかりと走った。11時スタートだけど笑。奈良御大は6時前スタートと知って感服。

 

話は昨日の事だが、富士チャレについて思ったのはトレーニングとして参加した自分は満足したけど、イベント性の演出が全く感じられず残念に感じた。とりあえず、、

自分のレースの方の感想は、最初の5周くらいは参加者一斉スタートのエンデューロならではの怖さがあって大変だったのと、身体が強度に付いて行かず吐き気との戦いだった。10周位で身体は慣れてきたが、余裕はなく前に上がれず後方待機。そのうち中切れが頻発してその穴埋めに無い脚を使い切ってしまい終了。

その後は例のじょんのびの外人さんとローテしながら数周前を追ったりしたが、先に第2集団に吸収された笑。

暫くファンライドを楽しんだが、トップ集団にラップされたのでそれに付いていったが数周でやはり中切れに巻き込まれて終了。

気持ちも切れて腰の痛みも酷くなって坂はダンシングしないと走れなくなったので無理してもしょうがないと思ってリタイヤした。

根性はあったが早く腰を直す方を選んだ。

妻には気持ちが弱いと言われたが仕方ない。

 

そんで今日の練習。身体が痛むが集中して60キロ走ったところで暑さに負けてローソンへ飛び込む。

そしたらコムリンさん達がいたので、帰りは楽できるぞと嬉しくなった。

f:id:umeyou:20170910204353j:image

写真(カクさん)

楽する予定が凄くキツかった笑。

女性の方が速くて驚いた。

沖縄に向けて強くならねば!