沖縄の話 後編

明日は千葉でレース。去年落車したレース。

その前に沖縄を終わらせないと笑。

 

ツールド沖縄210キロ後編。

2回目の補給地点の慶佐次を通過。今年は涼しいのでボトルを一本捨てて水入りのボトルを一本だけ受け取る。土産用ボトルは捨てないように注意した笑。

またここはゆるい登りが長く続くところで補給に気を取られると集団から千切れるので毎年恒例だが改めて注意して通過。

 

下って海岸沿いに出る。残り40キロ。

そしてここからまたジャブのように登りが襲いかかってくる。登りは長くないが、そこそこの斜度があり脚のあちこちが攣りまくった。気持ちを繋ぎとめるために何年か前のように最後の羽地ダムまでは頑張ろうと決めてひたすら苦しみに耐えた。ここで遅れたら走る気無くしそうなのも怖かった。

 

ようやく登り終え再び海岸線を走る。暫く平坦路が続くけど何故かペースが上がってここでも辛かった。ゴールまでは遠くないと脚に喝を入れて進む。暫く耐えて大浦橋の交差点を右折。ツールド沖縄ラスボスの羽地ダムを目前に集団のペースが緩んだ。やはり皆さん意識しているのか。でも自分の脚は限界なので白旗状態。

 

あっという間に羽地ダムの登りに突入。一応、集団前めで侵入したけど、前半の急斜面ですぐに両足が攣って後退。ダンシングに切り替えて何とか前に進めるのがやっとな状態。終わったーと落ち込んでたら、こんなコースプロフィールだった?と斜度が緩くなり前に進むようになったので少し集中してペダルを踏んだ。

集中するとヤル気が出てきて無くなった筈の力も湧き出る感じがした。そしたら前方30m位ににイナーメのポールが、、プロツアーも走っていた彼がこんなところにいる筈がないのだが、俺のツールド沖縄のクライマックスに相応しい役者が現れて俄然ヤル気が出てきた。

一気にポールを追い詰めようとペースアップした。しかし全く距離が縮まらない。やはり死んでもポールかと諦めそうになったが(早い)、トンネル前でアペックスのタケさんがレースを終えて応援団してるのを見つけてまた元気が出た。自分も応援団したいなと思いつつトンネルに突入したが、ポールに離されている感じがしなかったので見失わないようにペダリングに集中した。

トンネルを通過して右に曲がり激坂に突入するとポールに離された。やはり脚が無くて前に進まない。この辺りから観客が増えて頑張れと声を掛けてくれるので何とか登れる状態。登れない悔しさがあったけど、観客の声を聞いてここまで頑張れた事に感動した(今後は少しは真面目に練習したい)。

最後の僅かな力を振り絞ってペダルを漕ぎ続けて激坂をクリア。しかしまだまだ羽地ダムの最高地点までは遠く、辛すぎて頭を空っぽにしてペダルを踏むだけで精一杯。辛すぎてケイデンスが落ち速度も落ちたが、後方から来た選手には必死にしがみつき最高地点を目指した。付いて行くときは力が少し出るみたい笑。

そして最高地点が見えたところでポールがいる小集団を見つけた。すぐに登りのペースを上げて(現金)最高地点を通過し得意の下りと、その後の追い込みで、結構離れていたが漸く捕まえた!

f:id:umeyou:20171125174342j:image

ポールに追いついた笑。

追いついて嬉し過ぎたが、その後すぐに現れたトンネルの中が暗すぎて三半規管がおかしくなりひやっとした。無事下りを走り終えて最後の関門の川上関門を通過。今年も嫁達が先回りして応援してくれた。応援に感謝してもう一踏ん張りを頑張る。

 

しかし既に両脚は半攣りのピクピク状態で、平地でも下手にペダルを回すと攣って止まってしまいそうな状態。なんとか平地をポールに付いていき最後の勝負所のジャスコ坂に突入した。登り区間は数百メートルだが速攻でポールから千切れた。やはりやはり死んでもポールだったと勝負を諦めてここまで自分は頑張ったと自分を納得させた。しかし集団が、ポールが自分から遠ざかるのを見て一瞬だけ自問自答した、ポールの前を走るチャンスは二度と来ないのにいいのかと、、笑。ダメだと思った瞬間、火事場の馬鹿力発動。推定出力500W!?でポールに追いついた。まともに登れないと思ったジャスコ坂を信じられない力を発揮してクリア。

そして最終カーブを走り抜けゴールスプリントに突入し最後の力を振り絞り集団先頭でゴールした。ゴール後はインターバルトレーニングをした後以上に苦しくて、やっとの事で自転車を止めたが暫く自転車から降りる事が出来なかった。

今年もツールド沖縄が終わった。やはりこの達成感は半端じゃなかった。最後の勝手なポールとの勝負はオマケだが笑。やはりツールド沖縄は面白かった。これが最初の登りで千切れずに次の普久川、学校坂まで勝負できたら、、

叶わないだろうが、また沖縄に挑戦したいなと思った。やっぱ行って良かった。完

f:id:umeyou:20171125204926j:image

また沖縄に挑戦する事を誓った。

f:id:umeyou:20171125205649j:image

レース後はふれあいパーティー

f:id:umeyou:20171125205320j:image

夜は満味の豚肉で完走祝いパーティー!

f:id:umeyou:20171125205423j:image

2次会は部屋のみ!

f:id:umeyou:20171125205459j:image

1名増えて3次会!午前様っす、、

 

翌日、、

f:id:umeyou:20171125205747j:image

早朝ラン

f:id:umeyou:20171125205814j:image

f:id:umeyou:20171125205833j:image

パーラー若葉が開店前だったので宮里そばでソーキそばとトースト。

f:id:umeyou:20171125210021j:image

お世話になった名護とお別れ

f:id:umeyou:20171125210110j:image

今年は映画ハクソー・リッジこと前田高地へ

f:id:umeyou:20171125210200j:image

お約束の映画のワンシーンを再現、、

f:id:umeyou:20171125210459j:image

f:id:umeyou:20171125210515j:image

この世の地獄と称されたハクソー・リッジ戦の舞台が全て墓になっているのを見てみんな無言になっていた(疲れてただけ?)。

f:id:umeyou:20171125210817j:image

ちとふざけたりして、、

f:id:umeyou:20171125210852j:image

f:id:umeyou:20171125210914j:image

北谷の今と過去、、考えただけで恐ろしい。

f:id:umeyou:20171125211037j:image

アイス食べて

 f:id:umeyou:20171125211122j:image

f:id:umeyou:20171125211101j:image

首里城

首里城沖縄戦で木っ端微塵になったが、昭和55年から再建を始めて漸く70%まで復元できたそうだ。

f:id:umeyou:20171125212420j:image

公開前の建造物、、

f:id:umeyou:20171125212515j:image

本物の首里城跡はこれだけ、、世界遺産

戦後は城壁すら無かったそうで、再建しようにも廃藩置県で資料は政府に取られて紛失、残った資料も戦争で燃えて無くなったそうで平和公園になる予定だったとも。なので首里城の歴史も不明な事が多いそうだ。

へー、、また3年後行こう。

f:id:umeyou:20171125212612j:image

伝承200年の新垣カミ菓子店訪問!

ちんすこう、花ぼうる、くんぺん

f:id:umeyou:20171125212727j:image

本当に手作り、、ハケ一つで

f:id:umeyou:20171125212756j:image

焼きたてを試食させて頂きました。

焼きたては全て美味い!冷めたら普通、、

でも他で食べるものと味が違ったので一度は召し上がれ。

f:id:umeyou:20171125213643j:image

沖縄の最後は嫁に連行されDFSへ

サインする手が痙攣した、、

レースよりきつかったのは言うまでもない。

 f:id:umeyou:20171125214117j:image 

兄嫁から送られてきた写真を見て少し復活!

待ってろ高岡!

※来期のサブタイトルではありません笑。